最近よく聞くランディングページとは何か?またワードプレスとの違いは何か?

最近ある業者のおかげ?でしょうか、ランディングページについての問い合わせを良くいただきます。

そこでランディングページとはどういうものか?

また、当社がおススメしているワードプレスとの違いは何か?についてご説明いたします。

 

まずはランディングページ

名前の由来は『ランディング(landing)』着陸という文字から、お客様が初めに到着するページを意味しています。

 

例えば…

あなたのサイトを検索した時に、会社概要に初めに到達した場合はそこが『ランディングページ』です。

 

言葉の意味からは特になにも問題はない(意味がない)ように思いますが…

実はサイト運営には非常に重要なことなのです。

 

よく見かけるランディングページはほとんどが1枚もので構成されていると思います。

なぜか??

先ほどお話しした『検索結果で運営者が思っている(導入したい)ページに到着してほしいからです』

 

ランディングページとは?たどり着いたページを指します。

運営側としては『お客様の流れを自分の企画した流れで見てほしい』ということです。

 

実は…ホームページを測定する一つとして『直帰率』というものがあります。
お客様が初めのページ(ランディングページ)から他のページを見ることなく別のサイトに去ってしまう率を計測するのですが…

 

実はこれ非常に多いんです。。。TOPページだけチラっとみて去ってしまうケースなど…

 

せっかく自分のサイトを作っても、見てほしいところを見てもらえないと残念ですよね

ということで…

1枚にしてしまったら、すべてそこに導入できるというメリットがあるのです。

 

そこでランディングページをどのように構成するか?を検討した時に…

  • 1枚モノにして必ずそこにたどり着くようにする
  • スマホが主流のため、縦にスクロールする分には見てもらいやすい
    (逆に他のページに移動するのは読み込み速度などの要因で嫌われるケースがある)
  • 縦にスクロールすることによって購入や申込みをいただけるように速やかに誘導できる
  • 成果を上げるために起承転結を明確にして製作する

 

このような感じになるかと思います。

ランディングページで非常に大切なのは構成です。この構成が命といっても過言ではないでしょう。

 

ではこのようなランディングページに適しているもの、そうでないものはどういったものでしょうか?

 

適しているものは…

『特定のサービス、商品を販売、申込みいただくケース』です。

 

そうでないものは…

『複数のサービスの表示』です。

 

よくある縦スクロールのランディングページは、ほとんどが一つの商品の訴求をおこなっていると思います。

 

ではご自身が複数の商品を扱っている、色々なサービスをおこなっているとしたらどうするか?

 

商品ごと、サービスごとにランディングページを製作するということです。

 

そうしなければランディングページを作って成果を上げることが出来ません。。。

 

 

ではランディングページの弱点、デメリットはどういったものか?

といいますと…

 

SEO対策に弱い。。。

 

これも当たり前で1枚モノで構成されている以上、情報量は限定されてしまいます。

 

検索を扱っているgoogleの顧客はユーザーです。

検索順位はあくまでユーザーにメリットがあるサイトが優先されます。

情報量が少ないというのは、それだけで評価が低くされてしまいます。

 

たまに…ランディングページですっごく長いものありませんか?

私はあれが大っ嫌いで見る気が失せますが、情報量を少しでも確保したい表れかもしれないですね^^;

 

では私がおススメしているワードプレスとの違い

なぜワードプレスが良いのか?

というと…

圧倒的にSEO対策に強いからです。

 

圧倒的です

話しにならないくらいです

マジで笑っちゃうレベルで違います。

ランディングページで集客できるならワードプレスならどれくらい集客できるかわからないですwww

 

逆にワードプレスで集客ができないものがランディングページで集客は出来ません。

 

ここは勘違いしないでいただきたいのですが…

ランディングページの真価が発揮するのはランディング(到着)してからです。

あくまで集客だけに絞ると全く次元の違う話しです。

 

ですので集客力のあるものでしたらランディングページの構成にしないと成約率が下がってしまうという話しなんです。

 

あくまでそれぞれにメリット・デメリットがあり、最適な使い方があるというお話しです。

 

ランディングページをディスってて、ワードプレスのデメリットを話さないのもフェアでないので、少し記載しますと…

一般の方には敷居が高い…

テーマがあるとはいっても、ある程度の知識やスキルがないとまともなサイトは作れないです。。。

お金がかかる…

ワードプレス自体はタダですが、ご自身でする場合でもサーバー契約が必要ですので、タダではありません。

専門の業者が少ない…

これは業界の問題で、内部事情を知ってしまうと、いろいろと問題があるのでおススメできる、信用できる業者が本当に少ないです。。。

 

以上のようなところではないでしょうか??

 

 

皆さんはコンテンツという言葉をご存知ですか?

ちょっと業界用語になりますが…

大まかにご説明すると、私たちはすべてのページを『コンテンツ』と呼んでいます。

ブログ1ページごと、ホームページの1ページごと、すべてがコンテンツです。

 

そこで…ご提案するのが…分散集客型ホームページの作成です。

分散集客型ホームページのメリットは…

複数の商品、サービスを1つのサイトで取り扱える。

SEO対策に強い・集客力がある

各ページの訴求力があるため成約率が高い

 

以上の点が挙げられます。

 

ではデメリットは…

製作コストがかかる・その後の維持も手間をかけないといけない…

 

これは当たり前ですが…複数のコンテンツを管理するわけですから、手間もコストもかかりますよね^^;

 

この分散集客型ホームページで適しているのが…ワードプレスです。

 

 

私はお客様にいつも『目的の明確化』を求めます。

それは…

『みんながやっているから』『良さそう』『便利だから』…

 

これが理由として挙げられたケースはたいがい、成果が上がっていないからです。

 

集客したい・もっと情報発信したい・たくさんの人に知って欲しい・ホームページを持ちたい。。。

 

さまざまなニーズをお持ちだと思いますが、そのニーズに最適な方法をご自身で見つけることはなかなか難しいです。。。

正しい情報を入手して皆さんの要望が叶うことを祈っています

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

今回は専門的な話しも多々あったので、わかりずらいところもあったかと思います。

詳しくお聞きになりたい方はお気軽にご連絡ください。よろしくお願いします。

『人の流れ』をしっかりと把握していますか?

成果が上がっている方の共通点として…

ご自身のマーケットを持っている

ということがあります。

 

ここはすごい大切です。

SNSに頼らないというか…
アプローチしているところが違うんです。

 

皆さんは毎月『人の流れ』をしっかりと把握していますか?

 

新規客にたいしておこなった施策 この結果分析
(ほとんどの方が告知不足っていうけど…)

お客様のリピート率、紹介率、顧客満足度

ここはしっかりと把握しておいてください。

 

お客さまには『紹介の出るサロンと出ないサロンの違い』をお伝えしていますが、紹介が出るサロンは出るなりの理由があって、アプローチ方法があって、やり方があります

そこのポイントは外さないでいてほしいです。

詳しくお聞きになりたい方は、お気軽にご連絡ください^^

価値観の違いで損しちゃってるのは、もったいない。。。

『これは必要』
『これは要らない』

どんな富豪でも、自分の中で優先順位があり、優先順位が低いものに予算をかけることはありません。

 

ただし

その優先順位を決めている基準はなんでしょうか?

 

『自分の感覚』

 

というケースが非常に多いように感じます。

 

特にビジネスをしているならば、自分軸で優先順位を決めていては、いつまでも、目指すステージにたどり着けないです。

 

他人軸、お客様目線で決めてください。

 

色々ある施策の中でPOPというのは比較的即効性のある施策なんですね。

うまい具合にハマれば、その瞬間から5倍も10倍も成果が出ちゃう方法なんです。

 

こういったことを『知らない』『自分の価値基準で決めている』と本来のパフォーマンスが出せなく、売り上げが上がらない、お客さまに支持されない…
ってことになります。

 

ビジネスにおいて

『知らない』ということは
自分もお客様も社会的にも損失なんです。。。

 

付加価値を高めるためにも『価値観』をお客様目線に合わせられるようになりましょう。

だからあなたは嫌われる

どんな事でも結果が出るのは、理由があります。

ある行動をすることによって、それが周りの人が見てどうか?ということ

 

例えば…
タバコのポイ捨てどう思いますか?

 

自分が良ければ良いって
こういうことと同義語です。。。

 

以前ある方から

『○○さんのサロンに紹介したいけど、あそこ男性も来るから紹介できない』

って話しになったことがあって、私も気にはしていたのですが、やっぱりそうだよね

って思ったことがあります。

 

自分では良かれと思ってしていること、意図しないでなっちゃっていることでも、周りの人が見たらマイナスになっていることは、しっかりと問題意識をもって、改善しないといけないです。

 

特にビジネスをしているなら、第一に考えないといけないのは『顧客満足』です。

 

勘違いしてほしくないのは、すべてを犠牲にして、尽くさないといけないのか?

 

というとそういうことではなく、上手くいかない方の場合は、この自分軸で考えるポイントと他人軸で考えるポイントが間違っているってことです。

 

ここは自分では気づきにくい所なので、修正が難しいです。。。

とにかく…どんな事でも理由があるというのは真摯に受け止めて改善していけるようにしたいですね

それ『比較』されてます。。。行動心理を知って成果をあげよう

ホームページのアクセス数
気になりますよね

一番アクセス数が稼げるのが、一番初めのお披露目時です。

ご自身の知り合いなどを含めてたくさんの方に見てもらえるからです。

ただし!!

これはあくまでご祝儀みたいなもので、ここからが本番です。

 

『2回目以降に見にいく必要性』

これがないと誰も見に来てくれません。

 

ビジネスと同じで

『あなたのサービスを買わないといけない理由は何?』

ここを伝えることでGET率が変わるように、

 

どんなことにも結果を出すには『理由』が要ります。

 

それともうひとつ大切な理由があって…

『比較される』ということ

 

最近はスマホの利用により比較検討が容易になりました。

1回見ただけで決めるのではなく『他はどうなんだろう?』ってよそも見にいくんです。

 

でね

問題はその後

 

『もう一度戻ってくる』っていうこと

 

ここが大切で…

この時はサービスを購入するかどうか?の分岐点なんです。

 

もし、ここでお客様の背中をポンと押すことが出来れば、GET率が上がります。

 

最悪なのは…
『変化がないこと。。。』

(まぁ普通ですが…)

 

2度目の来訪で何も変わっていないと新鮮さもないため、GET率が下がってしまいます。。。

 

ホームページの役割で大切なことは『問い合わせ件数』です。
いかに問い合わせをいただけるか?

というのは非常に大切です。

 

では実際にどうすれば良いのか?

一番簡単なのが…

『ブログ』です。

 

これはSEO的にも良いので、出来れば頑張っていただきたいです。

 

ただし、みんなが文章を書くのが得意なわけではないので、当社では毎月の更新作業を当社でおこなうようにしています。

打ち合わせをして、施策を考え、ご自身のやっていることと、ホームページの表記を一緒にするなどです。

 

こうやって『アウトソーシング』していただける業者にお願いするというのも一つの手です。

私の知っている方で、ブログ更新を代理サービスされている方もいらっしゃいます。

 

他に効果的なのが…

google広告などの利用です。

費用対効果を考えていかないといけませんので、ここで簡単に書くことが出来ないので、お考えの方はお気軽にご相談いただければと思います。

 

まぁ『お金をかけるか?、手間をかけるか?』

ですが、どちらにしても、ご自身のホームページで成果を上げるには、『それなりのプロセス』を踏む必要があって、

そのプロセスが間違っていなければ、必ず成果が出ます。

 

ですので、成果にお困りの方は

『プロに相談』が一番、解決する近道です^^

 

以上のことをふまえて、ホームページをうまく活用して頂ければと思います。